サンケイ建匠スタッフブログ

サンケイ建匠株式会社

2017.03.17

適正価格

携帯写真.jpg

こんにちはサンケイ建匠の妻野です。

最近行われたある調査で『現在支払っているスマートフォンの平均月額料金、大手3キャリアユーザーは平均7,876円、格安SIMユーザーは平均2,957円、フィーチャーフォンユーザーは3,071円』とありました(参照】)。

この記事の中で興味を持ったのは、『大手3キャリアユーザーは平均7,876円』は、やはり高いと感じますよね多分、アンケートに答えた方の86.5%が高いと感じています。ただ実際にその料金の中に含まれている端末代金を把握していない方が20%程度となっており、キャリアの料金システムの複雑化も垣間見えます。

自分は最近上の写真にあるdocomoのガラホとiPADmini4に格安SIMをさして利用しています。iPADminiは一括で購入したのでそれ以外の料金の合計が約3,000円です。この位の金額ですと負担に感じないかと思いますがどうでしょう、2台持つデメリットとかも有るので声を大にして薦める事はしませんが。

そして同じ記事の中で適正と思う価格についても調査されていて『スマートフォンの適正だと思う月額料金、大手3キャリアユーザーは平均4,117円、格安SIMユーザーは平均2,176円、フィーチャーフォンユーザーは1,952円』とあります。

通話や通信の量が人それぞれなので、一概にいくらが適正なのかは判断が難しいですが、特に大手3キャリアの実際に支払っている料金と適正と思う料金の差が激しいです。今や殆どの人に必需品となっている携帯電話なので、少しでも安く利用したいのは当たり前ですが、どこに適正価格があるかは各人で判断しなければなりません。

その点は我々の取り扱っている商品でも同じだと思います。こちらは適正と思う中でなるべく安く金額をお客様に提示しておりますが、それを判断するのはかなり難しい事であるのは重々承知しております。ですので、お客様にはなるべく多くの情報を見て聞いて判断していただけたらと思っています。


この記事を書いた人

妻野 貴幸

妻野 貴幸

身体と精神を鍛えるべく、毎日12㎞の道のりを趣味のひとつである自転車で通勤しています。

« 地盤調査 | 一覧 | ペットと暮らす家 »

このページの先頭へ